懸賞の旅人
懸賞の旅人★風坊便り〜懸賞応募・50円で夢を叶えよう〜

トップ > 当る秘策 > 傾向と対策・当選確率と幸運の法則A

 「傾向と対策〜 その@」からの続きです。

 まずは当選確率というのを考えます。

 当選確率とは?……

応募数÷当選数=○として考える確率として考えます。

 過去の懸賞で、

 1000円の商品券*100名当選

 3口(全て異なった氏名・住所)で応募したとし、3口外れた。

 当選数100*3口応募数=300名以上の応募数だったと、

 簡単に計算します。

 次回同じ懸賞があり、6口応募

 (
3箇所の異なった住所・氏名で2枚づつ応募)し、

 
2口(異なった住所・氏名)で当選した場合、

 100名当選*6口応募÷2口当選=300名以上の応募数

 となるわけです。

 300名の応募だと、100名当選ですので、確立としては、

 
1/3ということになります。3枚応募して、1枚当りの当選です。

 となると、何口くらい応募すれば、

 当選への道のりは、あるのか?と

 考えて参戦するようになれるからです。

 「当る」のか「はずれ」を書くのか、

 対策を練りながら応募するのも楽しみです。

 もちろん、運が良かった、運が悪かった、ということもありますので、

 ただ単純に確立だけで済まされるものでは無いことは確かですが…

 

 全国的な懸賞で毎年開催されている、

 「おかめ納豆」の懸賞についてですが、

 どれくらいの応募数があるか、ご存知ですか?

 約100万通ぐらいです。あまりの応募数にびっくりですよね?

 自分では多く出したつもりで何枚出しても

 (応募しても)当らないはずです。

 昨今の懸賞ブームで懸賞人口も増え、雑誌では、

 「懸賞特集」など毎月のように載っています。

 どの懸賞に対してもですが、私やアナタが思っている想像以上に、

 応募数は多いのかも知れません。(あくまで私なりの推測です。)

 

 話を元に戻しますが、納豆は、毎日食べるご家庭もあれば、

 「ほとんど食べないわ!」というご家庭もあると思うのですが、

 我が家に限って言えば、「毎日食べる派」です。

 多い時で毎日、
2パック(1パックだいたい3個入りとして)、

 少ないときで、
23日で1パックです。

 比較的バーコードも集まりやすい環境であるにも関わらず、

 ローカール懸賞(地方のスーパーとメーカーのタイアップ懸賞)に

 費やしてしまいますので、あまり全国的な懸賞に参戦することは、

 ありません。

 ローカル懸賞に応募して、余ったバーコードで

 全国懸賞に応募するようにしています。

 全国懸賞応募は、納豆に限れば「二の次」ということになります。

 どうせなら、狙い目を絞って応募して、

 
1000円の商品券でもゲットしたいですものね。^^



 先ほどの、納豆の懸賞に
100万通は多いほうだと思いますが、

 3000名当選*3種類の商品=合計9000名の当選だと考えてみますと、

 1,000,000通÷3000=333.3333…となります。

 つまり、簡単に確立として考えますと、1/333の確立です。

 333応募して、やっと1個当った!

 つまり、半分運に任せて当選を狙うくらいの確率です。

 
 それでもアナタは、運を天に任せて当選を選びますか?

 それとも、確実な方法で当選を狙いますか?


  

  つづきを読む→ 
傾向と対策・当選確率と幸運の法則Bへ

 

けんしょうのたびびと

トップへ

当サイトの内容・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止とさせて頂きます。

Copy right (C) Since 2010・01・01「懸賞の旅人」All Right Reserved.