懸賞の旅人

けんしょうのたびびと

 傾向と対策〜当選確率と幸運の法則@

 一生懸命応募しても、「はずれ」ばかりでは、

 何も楽しみが無くなってしまい、懸賞応募もやる気をなくします。

 いつまでたっても「はずれ」を書いて応募しているようなものです。

 どんなに達人と言われる方でも、当選率は3がよいところだと、

 私自身の経験に基づいて推測しているのですが、

 (あくまでも私の推測であることをご理解の上ご覧いただければ嬉しいです。)

7は、「はずれ」を書いているようなものです。

 応募する時に、誰しも「これが当ったら…★」と夢見て応募していると

 思うのですが(私自身も含めて)「はずれ」と思って書いている人は

 いませんよね?

 しかし現実には、7割の「はずれ」があって、

 
3割の「当り」があるわけです。

 

 例えば、ひと月に100枚応募しても、

 数にすれば(当選内容はともかくとして)、

 
30個の当選であれば良いほうだと思うのです。

 もちろん、100枚応募して100枚当選すれば一番ベストだと

 思うのですが、

 これがなかなか難しい…。(笑)

 

 ただ、私自身の考えとしては、ひと月に100枚応募しても、

 
10個の当選でも、当選内容が濃いもので充実した当選品で

 あれば良いというのが考えです。

 例えば、300円相当の当選賞品*30個より、

 スーパーの商品券
1000円分*10個の当選があれば良いという考えです。

 現在私の応募数は、ひと月50枚から100枚程度の応募数です。

 費やす葉書・切手金額としては、

 
50*50枚=2500〜  50*100枚=5000円 の応募ですね。

 過去には、無理してひと月300枚以上、応募している月日もありました。

 応募しても、次から次へと懸賞が出てくる状態であるくらいに、

 懸賞の種類・数
も多く見られたように思います。

 特に、スーパーとのタイアップ懸賞が多く見られましたが、

 最近は、スーパーも提携・合併する企業が増えて、

 ますます応募が増えることが予測されますが、

 当選数がゼロでは、無いことを考えると、

 まだ夢や希望は少々あるのかな?というのが実感です。

 

 では、「当る」葉書を書くには、どうしたらよいか?

 私自身の考えとして、「傾向」と「対策」を練るようにしています。

 これから先は、あくまで私自身の過去の経験に基づいた

 「傾向」と「対策」ですので、その点をご理解の上、

 参考までにご覧いただければ嬉しいです。



    
つづきを読む→ 傾向と対策・当選確率と幸運の法則Aへ

 

 

トップへ

当サイトの内容・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止とさせて頂きます。

Copy right (C) Since 2010・01・01「懸賞の旅人」All Right Reserved.
懸賞の旅人★風坊便り〜懸賞応募・50円で夢を叶えよう〜

トップ > 当る秘策 > 傾向と対策・当選確率と幸運の法則@