(PR)

トリプル当選!!!

懸賞の旅人


  当選した商品券の使い方でも述べましたが、

 当選した商品券1000円→生活費に取り込んで使う→

 現金に交換し1000円分切手を購入する使い方もあります。

 また当選した商品券で、現在開催中の対象商品を購入し

懸賞応募することもあります。

 例えば、対象商品100円を含む、1000円以上のレシート応募の

 懸賞があったとします。

 当選した商品券で100円分の商品を購入し、残りの900円分は

 生活用品(食品・雑費)を購入し、レシート応募に役立てます。

 当選した商品券1000円のうち、対象商品100円のみ購入ですので、

  残りの900円は、生活費との等価交換として、

 のこりはまた次回の懸賞応募に役立てる、もしくは切手代となるわけです。

 応募→商品券当選→応募→当選となって巡る応募方法をしています。

 最近はレシート応募が主流となる応募も増えてきました。

 バーコード応募の懸賞の場合、当選賞品の兼ね合いを見ながら

 応募しています。

 当選商品券が500円の場合、バーコードが多くあるといっても

 10枚も応募していては、切手代のほうが高くつく!と

 いうことだってあるわけです。

 当選商品券1000円(最近は当選金額1000円というのも多くなりました。)

  ですと、バーコードが多くあれば、15枚応募して、

 住所を三ヶ所に分散して応募します。それぞれに5枚ずつの応募です。

 15枚応募の切手代750円がかかりますが、1000円の商品券でも、

 当選すれば、1000円*3=3000円の商品券となって戻ってきてくれます。

  過去に当選した例はこちら。

一ヶ所でも当選すれば、15枚応募して750円の切手代が

かかったとしても、1000円の商品券ですので、もとは取れます。

レシート応募の場合ですと、対象商品購入のお金が必要ですが、

バーコードはストックしてあるのを使えばよいのですから、

惜しみなく応募できるというものです。

懸賞の旅人★風坊便り〜懸賞応募・50円で夢を叶えよう〜

トップ >さまざまな疑問アレコレ > 福が福をよぶ応募のしかた

 

けんしょうのたびびと

Copy right (C) Since 2010・01・01「懸賞の旅人」All Right Reserved.

トップへ

当サイトの内容・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止とさせて頂きます。